zshはじめました。

今までシェルにこだわりはなかったんですが、zshの補完機能が便利らしいのでMacBook Airにインストールしてみました。


MacPortsを使うと、サクっと終わります。

# アップデート
$ sudo port -d sync

# 検索
$ port search zsh
zsh @4.2.7 (shells)
  Zsh is a UNIX command interpreter (shell)

zsh-devel @4.3.11 (shells)
  Zsh is a UNIX command interpreter (shell)

Found 2 ports.

# インストール (+mp_complectionを付けると、port installの時にパッケージ名を補完してくれるようになる)
$ sudo port install zsh-devel +mp_complection

# ファイル末尾に/opt/local/bin/zshを追加
$ vi /etc/shells 

# ログインシェルを変更
$ chsh -s /opt/local/bin/zsh

#ターミナルを再起動

以上で、zshのインストール完了です。

あとは、homeに.zshrcを作成してごにょごにょ設定すると、補完とかできるようになります。


とりあえず、今の.zshrcはこんな感じです。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH

autoload -U compinit
compinit

autoload -U colors
colors

export LSCOLORS=gxfxcxdxbxegedabagacad
export LS_COLORS='di=36:ln=35:so=32:pi=33:ex=31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'
zstyle ':completion:*' list-colors 'di=36' 'ln=35' 'so=32' 'ex=31' 'bd=46;34' 'cd=43;34'

alias ls="ls -G"
alias grep="grep --color"

setopt auto_pushd

HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000
setopt hist_ignore_dups
setopt share_history

PROMPT="%{%}%m:%n%%%{%} "
PROMPT2="%{%}%_%%%{%} "
RPROMPT="%{%}[%~]%{%} "
SPROMPT="correct: %R -> %r ? "

bindkey -v

いろいろイジレて楽しいです。補完便利ー。

まだまだ山のように設定できる項目があるので、少しずつ自分好みにしていきたいと思います。


.zshrcの設定は下記を参考にしました。

漢のzsh - マイコミジャーナル

広告を非表示にする