読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vimのプラグイン管理ツールをvundleからneobundleに移行した。

vimのプラグイン管理ツールをvundleからneobundleに移行した。

最初にvundleで管理していたプラグインとvundle自身を削除する。

% rm -rf .vim/bundle/*
% rm -rf .vim/vundle.git

次にneobundleをインストールする。

dotfilesとしてGitHubで管理しているため、git add submoduleで追加した。

% git submodule add https://github.com/Shougo/neobundle.vim .vim/bundle/neobundle.vim

あとは.vimrcに設定を加えて、:NeoBundleInstallすればOK。

% vi .vimrc

set nocompatible

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

NeoBundle 'Shougo/vimproc', {
      \ 'build' : {
      \     'windows' : 'make -f make_mingw32.mak',
      \     'cygwin' : 'make -f make_cygwin.mak',
      \     'mac' : 'make -f make_mac.mak',
      \     'unix' : 'make -f make_unix.mak',
      \    },
      \ }

NeoBundleCheck


:NeoBundleInstall

.vimrcの設定はneobundleのGitHubリポジトリを参考にした。

NeoBundleFetchはNeoBundle自身をNeoBundleで管理するための設定で、NeoBundleCheckはvim起動時にプラグインのインストール状態をチェックするための設定。

NeoBundle 'Shougo/vimproc'を設定しておくと、vimprocのコンパイルを自動でやってくれる。

プラグインの追加は.vimrcに

NeoBundle 'hoge'
NeoBUndle 'fuga'

のように設定して、:NeoBundleInstallを実行すればOK。